屋内でペットを育てるドッグオーナーには

屋内でペットを育てるドッグオーナーには

屋内でペットを育てるドッグオーナーには

 

チワワを飼う時、まずやるべきなのはトイレのしつけですが、同じチワワの中にも、多彩な子犬がいるようですから、とりたてて性急にならず音を上げずにしつけていくことをお勧めします。

柴犬はとても利口ですし、大変我慢強い犬と言えるんじゃないでしょうか。だから、トイレをしつけてもじきに覚えて、覚えたら、かなりの確率で世話を焼かされることはないかもしれません。

屋内でペットを育てるドッグオーナーには、トイレのしつけを終えることは大事な任務の1つです。子犬を家に迎えるその時から、即開始して頂くことをおすすめします。

愛犬のしつけの中で、無駄吠えしないようにしつけをすることに困って、苦労している方たちがたくさんいます。ご近所さんとトラブルにもなりますし、手遅れになる前に矯正させるのが良いです。

みなさんの犬が吠えるタイミングなどをしっかりと分析して、それを改善してから、じっくりとしつけを実践することこそ、チワワの無駄吠えの回数を減少させる最善の策だと思います。


ふわふわと可愛いトイプードルを家に欲しいと思ったりしている方は少なからずいるでしょう。でも、しつけを最後までやっておかないとだめでしょうね。

上手く方法を用いて、子犬のうちにしつけを行ったら、それからの飼い犬との生活が、極めて幸せであり、意義あるものになると信じます。

忘れずにしつけをしてもらいたいのは、飛びつきだと考えます。例えば、ラブラドール犬が飛びついて、勢いに乗って噛んで、ケガを負わせてしまうこともあるのではないでしょうか。

トイプードルを甘やかして育ててしまうと、トイプードルは相手よりも上位に立っていると感じ、真剣に噛みついてしまうということもあります。最初からトイプードルの噛み癖などは、怠らずにしつけを済ませないと良くありません。

基本的なトイレ訓練とか、噛み癖矯正など、子犬のうちから出来る限りきっちりとしつけを繰り返して後々問題をおこさないように、飼い主である皆さんが犬たちを教えていってください。


かつてはトイレのしつけ訓練は犬が失敗してしまったら罰っしたり、鼻を押し付けて怒るなどの手段が大多数でしたが、これは実のところ、正しくありません。

大抵の場合、子犬期は何かを求める「要求咆哮」が大半です。でも、必要以上のしつけをやってしまうと、「威嚇咆哮」を始める場合さえあるようですから、やり過ぎはダメです。

チワワだって、しつけをすることがとても大切です。チワワだったら、普通以上に褒めちぎるのも良いでしょう。優しくボディを撫でてあげて、しっかりと可愛がるようおススメします。

トイレ行為を行うのに妨げとなる病気を持っていないか、かかり付けの医師を頼って、チェックすることがとても大切で、病気から守ることは犬のしつけをする重要事項です。

どんな犬でも、しつけとか、トレーニングはやるべきで、普通、しっかりとしたしつけを受けておくと、ラブラドールなどのペットは飼いやすいペットに育つに違いありません。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ