とにかく吠える

とにかく吠える

とにかく吠える

 

ペットが欲しいので、最終的にミニチュアダックスフンドの子犬を選択して手に入れたものの、そのしつけのやり方は知らないという話をしばしば聞いています。

しつけが行われていないとすると、実際のところ警察犬のように、食べ物を求めて周囲の臭いなどを嗅ぎ続けるような散歩をする日々になってしまうんです。

日本に限らず、人気が高く愛犬として飼われているチワワですけれど、しっかりとしつけることができないために、責任を果たせないでいる飼い主のみなさんが大勢いらっしゃるのが現実らしいです。

もしもあなたがトイレとは別のしつけでご褒美としてやっている場合はしつけのトイレ練習がほぼ終了するまで、当面は褒美として何かを与えるのは控えるようにしてください。

トイレと言ったら、ペットが自分から定位置で小便、大便を済ませること。しつけトレーニングは、初期段階で教え込む必要があると考えます。


後々成長していけば、ポメラニアンでも聞き分けが良くなるようですが、ちゃんとしつけしておかなければ、最終的には分別がなくなることさえあるみたいです。

ポメラニアンなどは賢い犬ですから、子犬としてしつけやトレーニングをするのもOKです。とりあえず必要なしつけは、生後から半年くらいの間に済ませておくのが良いでしょう。

常に犬が無駄吠えをしなくなって静かになった時に、褒美をあげるようにしましょう。吠えたりしないということとおやつを合せて、学習するようになっていくと思います。

ポメラニアンに関しては、しつけを受けてオーナーとの関係を深めることを楽しんで行うタイプです。子犬のころに親身にしつけてみることが一番です。

無駄吠えというのは、その名の通り吠える必要などない時に吠える、主人が吠えたら困る場合に吠える行為ですから、是非矯正させたいと考えるのも当たり前です。


概して甘やかしたりしないで、若いうちに充分にしつけをやっておいたら、世の中には柴犬ほどオーナーの指示通りに動く犬などいない、というくらい主人に従うんです。

とにかく吠えるのをしつけても効果のない犬に、感情的になってはいないでしょうか?愛犬は本能のまま、単にリアクションとして吠えているというわけです。

散歩中だって、愛犬のしつけ訓練はできます。信号待ちでは、「お座り」「待て」といった命令を訓練できるし、突然、止まって、「待ての指図などをするのもおススメです。

空腹などの欲求に応えてやっているというにも関わらず、わがままを通したりオーナーの関心を得ようと、無駄吠えをせずにはいられない犬が多いのは本当だと聞きます。

トイレをしつけしていて一定以上褒美をあげることが実行できたら、ペットへの賞賛してあげたいという思いが犬に通じているのか、どうかという点を調べてください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ